【データはどうなる】iPhoneが死亡した【備忘録】

iPhoneが死亡した 生活

先日、使用しているiPhoneがお亡くなりになりました。

自分が使用していたのはiPhone8です。

特に前兆やきっかけ(落下など)があったわけではなく、使用後テーブルに置いておいたらいつのまにか電源が落ちていて、そのままです。

今までにも不具合等は当然あったわけですが、そのたびに「あれ、この場合どうすればいいんだっけ?」などとうろたえて検索&検索していたので、備忘録的に今回の行動を書いておこうと思います。

症例の一つとしてデータを残しておく意味も兼ねて。

ちなみに結論を先に言うと僕のiPhoneは完全には復帰しませんでした(汗)

あしからず…。

症状はこんな感じ

普通にテレビ見ながら使っていて、いったんテーブルに置く。

しばらく(10~20分)してロック状態になっているiPhoneを使おうとしたら、ホームボタンが反応しない…。

電源ボタン長押ししても反応せず。

強制再起動もダメ。

しまいには充電器につないでも何の反応もない。

ここでようやく気付く。

あれ、これヤバいんじゃ…?

びっくり

原因・前兆はあったのか?

とりあえず、直前に何か衝撃を与えたとか負荷をかけたとかは一切なく。

充電も60%以上は残っていたはず。

過去にさかのぼっても水没したことはない。

あ、床に落下は2~3回あったかも…。

ちなみに使用期間は2年4か月。

まあ長いっちゃ長いが寿命としては短いと思うんだが、どうなんでしょう。

データは残せるのか?

バックアップはパソコンのiTunesにて行っていましたが、最後にバックアップ取ったのはいつのことやら。

正直、バックアップなんて電源さえ入っていればiPhone死亡直前でもパソコンにつなぎさえすれば大丈夫だろうと高をくくっていました。

まさか、1度意識を失ってそのまま帰らぬ人になるなんて思いもしなかった…。

そして、いろいろ調べた結果、データをそのまま残すことはほぼ無理であるらしいことが分かってくる。

正確には故障の状態次第や修理業者によってはデータを残せる可能性もあるっぽいけど、アップルの正式プロバイダに頼むとバッテリー交換だけでもデータ消去してから行うらしい。

データは残したいが、怪しい業者に自分のスマホを預けるのもなんか嫌なのでこの時点で最新のデータを残すことはほぼ諦めました。

あとはできるだけ最近バックアップを取っていたことを祈るのみ…。

(いつ取ったか覚えてない時点で期待薄)

いざ、修理へ

最初、ソフトバンクのHPで対処法等見てたのでそのまま案内で出てきたショップで予約をして翌日見てもらったが、自分たちは技術屋ではないのでappleの正規サービスプロバイダに見てもらったほうがいいとのこと。

そりゃそうですね。

機種変更のススメなども受けつつ、いったんは修理できるか見てもらいたかったので、改めて翌日に予約できるappleの修理店があったのでそこで見てもらうことに。

そして実際に見てもらった結果…原因不明の故障でした。

自分はapple careの保証に入っていたものの、全損はさすがに費用が発生すると思い、

「いっそ機種変更するか…」と思っていたところ、

無料で新品と交換してもらえました。

おそらくこちらの過失がなかったということでしょうか?

出費無しで新品に生まれ変わったのは思わぬラッキー。

あとはバックアップがいつの時点のものなのか…。

バックアップから復帰したものの

スマホを見る猫

家に帰り即パソコンにつなぎバックアップから復元。

復元する際にパスワードを聞かれるのだがこれが通らなくて一瞬焦る。

apple IDのパスワードだと思って入力しても通らず。

え、バックアップ用のパスワードなんて設定したっけ?

自分が登録しそうなパスワードをあれこれ入れてようやく認証。危なっ。

皆さんもパスワード忘れには気を付けましょう。

そして肝心のバックアップ時期は半年前でした。

あー…、仕事の関係でちょうどこの半年の間にできたグループ関連の写真やらはすべて消え去りました。

LINE引継ぎできない…

いやでもLINEのバックアップがあれば直近の会話は復帰できるはず。いつバックアップしたか覚えてないけど。

なんて考えてたら今度はLINEが引継ぎできない

本人認証が必要なのは分かるがそれができない。

まず旧端末自体がないので旧端末で引継ぎ設定ができない。

そして自分はFACEBOOKアカウントでログインしていたんだけど、それを使って引継ぎする際の引継ぎ認証番号というのが受け取れない。

というのも番号の受け取り方法が、「LINEのトーク」もしくは「電話番号のSMS」なのです。

LINE自体がいま使えない状態なので「LINEのトーク」は無理だし電話番号は登録してなかったはずなので「電話番号のSMS 」も無理。

あ…これ詰んだか?と思いつつ諦めずに調べているとLINEのカスタマーサポートから連絡して引継ぎできたとの記事を発見。

どうやら僕と似た症状の人がいたらしい。

記事を読みつつカスタマーのフォームから連絡してみると20分ほどで返信が。

FACEBOOKにログインすることで本人認証するとのことで指示通りログインするとさらに20分ほどで「本人確認できたので引継ぎ番号のページはスキップする」との連絡。

さっそくLINEログインを試すと無事に引き継ぎ完了しました!良かった…。

正直トークの内容は何度も見返したりするわけではないけど、友達登録は1からやり直すのかなりしんどかったのでそこだけでも助かったって感じ。

結局、LINEのバックアップも半年くらいしてなかったからその間のトークはきれいさっぱりなくなりましたけどね。

バックアップ、大事

というわけで今回起こったiPhone突然死事件に関してまとめてみました。

バックアップの大事さを身にしみて感じました。

今これを書いてる1時間後にこのパソコンがクラッシュしてる可能性だってゼロじゃないですからね…。

皆さんもこまめにバックアップは取っていくようにしましょう。

ではでは。

コメント